2011年08月26日

学童の引っ越し

先週の土日より、リリカの通う学童が引っ越しをしました

子どもたちには新しくなって、広くなって大好評



なぜなら…

今まで借りていたのは築50年はゆうに過ぎたと思われる年代物の古民家。

地震の度にドキドキしていました。




今回ご縁をいただいた家は、相続の関係でもう使われなくなったのですが、

大家さんにとっては思い出の家でもあるらしく、

売ることはなく、かといって住むわけでもないため、

固定資産税がかからない優遇措置を利用して学童に貸していただくことになったのです。



ありがたいですねー




学童というのは、留守宅家庭の保育の場としてかれこれ30年前から始まっています。


簡単にいえば、小学生版の保育園。


でも大きく違うのは名古屋市の場合、父母が経営の主体であるということです。

市が運営しているものだとよく誤解されます


補助金はもらうものの、保育料は結構高い…




とはいえ、子どもたちにとっては「育ち」にとてもいい環境だと思います。


まず違う学校の子たちが集まっています。

リリカの通う学童では3つの小学校です。



そして1年生から6年生までまんべんなく子どもたちがいて。

ま、さすがに高学年は習い事や部活で毎日いませんが、タテの社会がしっかり出来上がっていること。


兄弟が少ない家庭ではお兄ちゃん、お姉ちゃんや弟、妹ができたようなもの。


ユウマも学童にお迎えについて行った日には、「かわいい〜」となでくりまわされています



パパは会長職をいただいているので、ご近所さまや自治会の組長さまへご挨拶にうかがいました。


地域の皆様の協力と温かいまなざしが、子どもたちを育てます。



どうぞ、よろしくお願いします









teruyan1228 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会環境 

2011年08月12日

夏休みの課題図書

夏休みも折り返し点を過ぎました


毎日在宅している子どもたちとがんばっているママ、パパたちも多いことでしょう。

ウチは共働きなので、リリカは学童、ユウマは保育園に毎日元気に通っています。




リリカは本を読むのが大好き。

今日も千種図書館で本を4冊借りてきました。最近は歴史上の人物の伝記を読むのにはまっています。

あれだけ絵本を読んであげたリリカも、図書館で借りてくる本は字がいっぱい。


もう3年生だからねぇ

(成長したなー)




さて晩ご飯を食べたら読書タイムです。


図書館から借りてきた本を一生懸命読んでいます


パパも本棚に手を伸ばし…一緒に読むことにしました。

生きているだけで100点満点

日野原重明先生が100歳を迎える記念に子どもたちに読んでもらえるように、と書き下ろした本です。

先日本屋さんで小学生が夏休みに読みたい本、というコーナーで思わず買ってしまったのがこの一冊。

もうすでにリリカは読んでしまっています。




20歳で結核になったこと、

医師になって初めて患者さんの死に直面したこと、

太平洋戦争が終わった後、貧しい中に人の絆を感じたこと、

よど号のハイジャックに遭遇したこと、



それらを題材にして

父母からもらった愛情をいっぱいに、「生きる」ことを教えてくれます。



とても感動する話が続きます。




そして最後の章が「10歳の君たちへ。いのちの授業」。


日野原先生は10歳の子どもたちにいのちの授業をするのがライフワークになっています。

そして子どもたちにこう問いかけるそうです。



「いのちって何だろう?」



すると子どもたちはこう答えるそうです。

「心臓」「あたま!」「体全部」


「いいえ違います」





リリカに聞いてみました。

「いのちって何か知ってる?」



一生懸命読んでいた源義経の伝記から顔を上げ

「時間でしょ(あっさり)




「せいか〜い
(しっかり読んでるな、感心感心)




いのちとは、一人一人が持っている時間です。

それぞれに与えられた時間が“いのち”なのです。



つまりそれは寿命ともいいかえることができます。




日野原先生はすかさず質問をします。


「みんなのいのち、どう使っていますか?」



続けてこう提案するのです。

「君のいのち、自分のためばかりではなく、人のために使ってみよう」



そして宿題を出します。

「大切な人分の時間を、自分のことばかりに使っていないか考えてください。

もっと自分以外の人のために時間を使うことができないか、考えてみてください」



最後に日野原先生からお願いがきます。


「20歳になった時、もう一度同じ質問を自分に投げかけてほしいのです。

お父さんやお母さんと同じ大人の仲間入りしたそのときに

自分は日々どうやって大切な時間を使っているかを」




そして結びは…



おおっと、ここは内緒


ぜひ親子で本を買って読んでほしいと思います。




人生における傍らに置いておきたい一冊です





teruyan1228 at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育ち 

2011年07月14日

名古屋ドームに子連れで行く

先週のことですが、名古屋ドームへ野球観戦に行ってきました。


パパの友人から思いもかけずチケットをもらい、リリカとユウマを連れていきました。
球場へ行くのはおよそ5年ぶりでした。


パパのパパは大のトラキチで、しょっちゅう球場へ通っていて、取材を受けることもしばしば(ま、それくらい目立つ格好ということです

その英才教育を受け育ったパパももちろんタイガースファン。トラキチというほどではありませんが…


パパのパパは5年前亡くなっているので、本当にその時以来だと思います。




大雨の中、ママが球場まで送ってくれました。

ママはそのまま車を駐車場に戻し、ラッキーとばかり飲み会に向かいます。

ママも楽しんでね


リリカはパパのパパと一緒に行った甲子園の日本シリーズ以来で、

ユウマは球場自体初めて。



入場のため待つ間から大盛り上がりです。

ベンチに近い席だったので(通路側でとってもいい席)、応援合戦はしませんでしたが、

パパは大いに野球観戦が楽しめました。



子どもたちは…

ジュースや売店、応援グッズ屋さんに夢中。

試合はそっちのけです。


リリカが三年生になったのでユウマのトイレも見てくれ、いいお姉ちゃんぶりを発揮しています。


こういう瞬間は、本当に幸せだな〜と感じます。



これが先輩パパが言う「子育て黄金期」ですね




試合は両軍の投手戦で延長に突入。


8時半を回ったので、試合を最後まで見るのはあきらめ、帰り支度することにしました。

帰ってお風呂に入れ、寝かしつけをするまでがパパのタスク



ところがアナウンスが入ります。


「タイガースのピッチャー、藤川球児」



「おお〜っ」と球場がどよめきます。



リリカが「パパ、なになに」とすかさず質問。



「うん、球児はスゴイ速い球を投げるんだ。剛速球というんだな」

「え〜、見たい見たい

「じゃ、一人だけな」


席を立って通路にいたのですが、そこでバッター一人見ることに。



ふと見回すと、ユウマはちゃっかりうら若き20代の女性4人のグループの席近くにいて、

「かわいい〜」とちやほやされ、愛想を振りまいています(やるな


結局横から見るとホップするストレートに親子で驚きながら、見事に三振を取りました。


「スゴイ球だったね、パパ」


「ホントだな、あれを投げるのは投げ方やトレーニングを相当しないといかんで」



延長ということでまだまだすいているタクシーに乗り帰宅しました。


お風呂に入りベッドに行くと…

リリカがパパの本棚から本を持ってきて寝そべって読んでいます。



「150キロのボールの投げ方」



おいおい、ホントに投げるつもりなのか







teruyan1228 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2011年07月01日

七夕の願い

明日はユウマの通う保育園での七夕まつり。



七夕まつりは父母会主催ですので、パパは「パパはSMAP」という企画で絵本の読み聞かせライブを行う予定です。

これは園に通う子どもたちのパパが、自分の子だけではなく、園のお友達にも絵本の読み聞かせを披露しちゃう企画。


普段のパパ力の見せ所です。



なぜ「SMAP」かって

ママ、いま「え〜〜〜〜」と思ったでしょう



実は以前お隣の保育園で読み聞かせライブをした時、園児たちから期せずして出た言葉。

「わ〜、なんだかSMAPみたい



いいんです。
ママにSMAPと思ってくれなくても。

子どもたちから見ればSMAPメンバーもいいおじさんなんですよ

イクメンがイケメンに。

パパたちも力こぶです




園には大きな笹が立てられ、子どもたちのお願いの短冊がいっぱいつけられています。

子どもたちのお願いをみると無邪気で、無垢で、思わずニヤニヤしてしまいます。




ですが、今年はパパも一つだけ七夕にお願いします。

願いは一つ。

子どもたちの世代に原発を残さないこと。




では、どうしたら叶うか。

その方法は「七夕の日に1000万​人署名を国会に提出す​るプロジェクト」に参加することです。



パパ一人ではどうにもなりません。


そこでパパ、ママの皆さんにお願いをしています。

以下に案内をつけます。


ぜひご協力いただきたいです。



「日本人の夢 送電線の国有化を願う1000万人署名」にご協力ください!!


震災で被った被害は数あれど、将来の子どもたちに絶対残したくないのは原発です。

もちろん経済活動に電気が必要なのはわかっています。

ですが原発に頼らずに電気がまかなえたら…。

送電線を国有化するとそれが可能になるかもしれないのです。



送電線を国有化し引いては民営化、電気は地産地消、余ればお隣に分けてあげる、そんな未来を作るのです。

そうすれば原子力発電を卒業できるのではないか、とパパは考えます。

もし賛同してもらえるのなら、署名そしてお知り合いにご紹介していただきたく。


そんな提案に興味がある、そうなってほしいと思った方こちらをご覧ください。

http://maketheheaven.com/japandream/

7月7日七夕の日に、「日本人の夢」として国会に1000万人の署名を届けるプロジェクトです。


電子署名はコチラ。パパはしました。簡単でしたよー

http://39auto.biz/maketheheaven/touroku/souden5.htm




teruyan1228 at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会環境 

2011年06月24日

地域活動はパパの仕事

パパは今年はたくさんの地域活動に参加しています。


昨年のイクメンブームにより、地域の方に認知されたからでしょうか…


リリカが通う小学校では、PTA副会長。

リリカの通う学童では、会長。

住んでいる町内では、自治会の組長。


当初はユウマの通う保育園では、父母会の副会長でしたが、あまりの役の多さから園が気を使って免除。



もちろんファザーリングジャパンの理事職に加え、ファザーリング東海も立ち上がったことから、なんだかいろんな話が舞い込みます。


一つひとつみれば、こなせるボリュームだとしても重なるとそれなりに大変



これも人生の寄せ鍋ですから、おなか一杯でも頑張りますよー


おかげさまで子どもたちや、ママ、地域の方々など、町ですれ違った時にあいさつする人が増えました。


リリカやユウマもつられてあいさつします。


でもこれって子どもたちの育ちや安全には大切。



パパはイクメンで家庭内にいるだけに非ず。

パパたちはもっと地域にデビューしてほしいですね







teruyan1228 at 10:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)父親力 

2011年05月28日

瀬戸のラジオで遊んじゃいました

今週の25日ですが、瀬戸にあるFM局に行ってきました。

ラジオサンキューといって、瀬戸や尾張旭では結構車の中で聞いている方が多いそうですよ

駅前にあるパルティ瀬戸という立派な!建物の一角にスタジオがあります。




5月の水曜日は「パパのかかわり方」をテーマに、毎週ゲストを迎えお話をするというコーナーで、

最終回の今回はパパが呼ばれました




前半はパーソナリティであるちー姉さん(これがまた明るく素敵な女性です!)

と子育てにかかわるお話をしました。



普段の子どもとのかかわり方、

子育てにかかわって大変なこと、良かったこと

ファザーリング・ジャパンやなごや子連れ狼の会での活動

なぜ子育てにかかわるようになったか、そのきっかけ

これから父親としての展望



などなど




時間がいっぱいあったので、

そしてちー姉さんの絶妙なアシストにより、


たーくさんしゃべりすぎました


ママに聞いてほしくないことも、思わず暴露してしまったような気が…


もし聞いていたリスナーさん、決して口外なさらぬよう、お願いします




後半は、「ちー姉さんとあそぼ!」のコーナー。

ここでは思わず、子ども心に戻って遊んでしましました。




ちー姉さんは、サトシンさんでおなじみの「おてて絵本」普及委員会のあいち支部の支部長さん。




パパは子ども役となり、3歳の男の子の設定です。



最初は、パパとママと公園に行く話が

なぜだか宇宙に行くよという話になり、

宇宙船がタワーレコードの東京店で手に入るらしい、との情報で

東京まで空を飛んでいき、

ついには宇宙へ旅立ってしまうというストーリー。



そして3歳のてる君は名言を呟くのです。



「青くて、大きくて、まあるいボールがみえた


その中に、てる君の住んでいるうちが見えた」




オンエアが終わり、スタッフの皆様とお話をしていると、


今日のおてて絵本は(毎回ゲストとやるそうです)



「ちー姉さんが動揺しまくって面白かった」


とおおウケだったようです。





パパは高校生の時、憧れの職業はラジオのDJでした。



あー、楽しかった


teruyan1228 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イクメン 

2011年05月09日

ライフとは?

2か月ぶりのブログとなりました。

いつも読んでいただいた方、ごめんなさい。



3月11日。

東北で未曾有の地震が起こりました。

マグニチュード9.0。

多くの方が津波で亡くなり、いまも被災は続いています。




パパは、ショックでとても書くことができなくなりました。

テレビや新聞などのメディアを遠ざけ、自分の仕事に没頭することで、目をそむけようとしました。

情けない自分なのです。

このブログは、ワーク・ライフ・バランスを目指して、日々をつづっています。


ですが、「ライフ」そのものが危機となっている状況では、なにを言うこともできません。



そのライフですが、一体何なのでしょう。

自問自答すると、頭の中で被災した人々の生活がグルグルまわります。






日付は5月に変わり、地震が起きて49日が過ぎました。


そこで、パパは思い切って、被災地を訪れることにしました。





パパは、1日から5日まで、仙台の北・登米にボランティアのベースキャンプにお世話になり、

そこを起点に気仙沼を中心に活動しました。





ユウマの通う保育園の父母の皆様から、段ボール4箱も絵本をいただきまして、それを届けました。

中には新品をわざわざ買っていただいた人もいました。





仕事の仲間からは、何百枚もの折り紙をいただきました。

避難所の子どもやおばあちゃんに届けました。





吉浜人形さんより鯉のぼりをいただきました。

避難所である小泉中学校の体育館の中と、

隣接する小泉小学校のベランダに、泳がせていただきました。





大型絵本を持っていき、避難所で読んできました。

「花さき山」では、多くのおばあちゃんが「んだ、んだ」と心を一つに聞いてくださいました。

読んでいる自分が泣けてきました。





気仙沼の燃えてしまった町にある鹿折唐桑の駅に避難し、

山が押し寄せるような津波の中から、奇跡の生還をしたお母さんの話を聞きました。




そして、

前を向いて、

笑顔を見せて、

毎日を生き抜いている、


被災した子どもたち。



その強さに触れることができました。




ライフ。



生活、家庭、人生、などと訳します。




生きて、生きて、生き抜くこと。




それだけで本当に素晴らしい。





被災した人たちの少しですが、つながったこと。

パパの中でかけがえのないものとなりました。




ですが被災はまだまだ続いているのです。

「思い」は続けたいと思います。いつまでも。





teruyan1228 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 

2011年03月06日

HAPPY よかパパ 誕生!

昨日は四日市に行ってきました。


四日市市の市長の肝いりでスタートした「父親の子育てマイスター制度」。
全部で6回の連続講座でパパ力を学ぶというものです。


その第1期生の卒業式があり、そちらにお邪魔したのです。



卒業と同時に四日市に、新たなパパしかも熱血系のパパグループが誕生しました。


その名も、「HPPPY よかパパ」。


いや〜、めでたし、めでたし





「よか」は「四日市」と「余暇」をかけて

父親としてHAPPYな人生を送る

そんなパパたちのグループです。


25名のパパたちで結成され、今後は2期生、3期生と続くそうです。

すでに、パパたち主催のイチゴ狩りツアーなんかが計画され、楽しそう




卒業式では、講座の過去5回の振り返りがありました。

講座で、パパたちはそこでOSを切り替え、ソフトを導入し、様々な気付きを得て、笑顔が増えていきました。

なんと自主開催の5.5回目の講座もあったそうです。


夜会もいれて(大事ですよねー)、お酒を酌み交わしながら、交流を深めます。


何とも楽しそうです




そしてパパたち全員からの「パパ宣言」へと続きます。


熱く、気持ちのこもった宣言に

会場に駆け付けたママたちから涙がほろりと零れ落ちます。


子どもたちは、カッコいい、頼もしいパパへ真剣なまなざしを送っています。


それはとても誇らしげでした





最後には、4名の選ばれしパパたちから、家族への手紙です。


淡々と語るパパですが、内容は感謝の気持ちであふれ、

第2子の妊娠発覚のサプライズもあり

とても感動的なフィナーレとなりました




きっと、きっと「HAPPY よかパパ」の家族には笑顔があふれるに違いありません。






サイコーでしたよ、HAPPY よかパパ

teruyan1228 at 14:33|PermalinkComments(5)TrackBack(0)父親力 

2011年02月19日

ママの出張旅行

ママが木曜から出張で東京に行っています。


今日が3日目。


息子のユウマは食が細く、好きなものがご飯と麺ということで献立は四苦八苦です

から揚げだけはもりもり食べることがわかりましたー


そして娘のリリカは土曜日は学童でお弁当。

パパは張り切って作りました。

だし巻き卵はなかなかの味。

イチゴに練乳たっぷりのリクエストにも応えちゃいます。




といっても、今朝の寝起きのときは、ふたりともママが恋しい様子。




水曜日の夜もママは研修で遅かったので、まる3日間会っていないからしゃーないかぁ。





「ママに電話する

とリリカ。


帰りの時間を確認すると、今度はユウマが


「幼児園は早お迎えね



おもわず二人の顔がぱぁ〜っとしました。




ふとりとも健康だったので何とか乗り切れますが、病気だったらママなしは不安ですね…




とはいっても、3日間ベッドではパパが真ん中。


身動きできないくらい狭い思いでしたが、子どもたちの愛のサンドイッチにご機嫌です




teruyan1228 at 11:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)育児 

2011年02月08日

トリプル選挙

パパの住む名古屋市ではトリプル市長選挙がありました。


トリプル市長選挙とは、名古屋市長、愛知県知事、そして市議会の解散の住民投票の3つが同じ日に行われるのです。


地元だけではなく、全国的なニュースだったようです。





さて名古屋市長には、引き続き河村たかしさんが選ばれました。


前回の得票率を上回る66万票


スゴイですね〜〜〜

これで市議会も解散、リフレッシュして市政が始まることになります。


子育ての環境を整えてもらう意味では市長や市議会のみなさまにはやはり大いに期待してしまいます。



東京 6000円


名古屋市 20000円



何の金額かわかりますか




これ学童保育の一か月の保育料です。

名古屋市はなんと東京の3倍以上


物価が東京の方が高いことを考えると、どれほど高いかがわかるかと思います。



どうしてこんなことが起こるのでしょうか。



日本政府は学童保育の充実を掲げていますが、名古屋市は独自の路線を敷いています。

トワイライトスクール事業(放課後子どもプランモデル事業)
といって学校の教室を解放し、子どもたちを預かるのですが、ここに予算が投入されているのです。


だからかな
学童が高いのはー


ちなみに預けるのに必要なお金が年間で数百円



学童保育の金額と比べるとすごい差です。



違うところはかかるお金だけではありません。




両方とも「子どもを預かる場所」という点では同じなのですが、

居場所の作り方が違います。



トワイライトスクールは、「教育」で、


学童は、「保育」。




トワイライトは学校の空き教室をそのまま解放、先生のOBや教育委員会にゆかりのある方が職員です。


学童は、戸建ての一軒家やマンションなど民間の家で、保育の専門家が面倒を見ます。




娘のリリカは学童が大好きです。


手作りおやつや、コマ回し、お部屋でのお絵かきや工作、学童同士のドッジボール大会、夏のキャンプなど遊びの要素が満載で、アクティブです。



一方、トワイライトに行ったお友達たちは、みんなつまんないといって、行かなくなっています。





もちろん、いいところはお互いあると思います。


大事なのは、子育ちに必要なインフラが整い、利用しやすくなることです。




河村市長にも可愛いお孫さんが二人いると聞きました。



経済や雇用対策、議会対策も大切ですが、


子育ての現場にも自転車でふら〜っと見に来てほしいですね。


ドラゴンズのファンの子どもも多いですよ


teruyan1228 at 14:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)社会環境 
Recent Comments