2007年05月

2007年05月29日

つめきり

パパの皆さん!

爪きりやったことありますか?



自分のじゃないよ、子どもの。



やった方〜、子どもがいつのときからやっていますか?




パパはリリカは1歳のころから。

ユウマは新生児からやっています。




乳児の爪って小さいんだぁ。

そして柔らかい。


で、握るとぐわぐわ動くし。


力いっぱい握ると、痛がりそうで怖いし。



結構、爪きりって、パパからすると恐怖です。





実際、パパもリリカのときはやらかしました



足の爪を切っているとき、リリカが思わず動いて、肉切って、出血



ああ、今思い出してもぞっとする…




もし自分が子ども側だったら  


いやすぎるう。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


パパ止めて〜〜〜






気を取り直して…


乳児の爪は、小さくて柔らかいので、専用のはさみがあります。


使い方にコツがあるのです。




まず子どもに正対してはいけません。


後ろ側から、要は自分の爪を切るときと同じように、子どもの手を持ちます。




そして、はさみは一本の指の爪を一回で切るつもりで、


くるりとカーブさせながらいれます。


決して直線的に切ってはなりません。


直線で行くと真ん中が深爪です。




子どもは寝ていても起きていてもどちらでもいいですが、機嫌が良いときを見計らって。



こんなところでしょうか。




パパはおかげで、ユウマの爪切りはさくさくっとできるようになりました。


リリカはすでに4歳なので、大人と一緒のパッチンパッチンです。





新生児の爪切りができるパパは、自慢していいと思います。




ママの皆さん、そう思いませんか
















teruyan1228 at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)育児 

2007年05月28日

お姉ちゃん

リリカの幼児園への朝の送りはパパがします。





最近首が据わってきたユウマもお供します



いつもはベビーカーかスリングです。






今朝もいつも通りに支度して出発しようとしましたが、




そうそう、ユウマは最近首が据わってきたのですよ。




それで、おんぶ紐を出してきて出発!





朝早く起きすぎたリリカは、出発時から


「疲れて歩けな〜い」


を連発。




仕方ないから、シューリンリン(リリカは自転車のことをこう言うのです)で行くことにしました。




自転車に乗ったリリカは、ユウマの足やお尻を触ってご機嫌に登園したのでした。






そして、夕方。



晩御飯を食べて、遊び始めたリリカが、ぽぽちゃん(着せ替えできるお人形です)とリボンを持ってきて…




「パパ、後ろでしばって〜」




おんぶです




朝のパパを見て、自分もしたくなったんでしょうかね?




この辺は女の子なんかな?




そのうち、「ユウマをおんぶする〜」って言うんだろうなぁ。




がんばれ、お姉ちゃん。

パパは期待しているぞ(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪



teruyan1228 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育ち 

2007年05月23日

バス遠足

昨日はリリカの幼児園のバス遠足。



パパは、ママより先に出発して、リリカの手を引き、ユウマと荷物をベビーカーに乗っけて、えっちらえっちら歩きます。




集合場所の消防署前にはすでにバスが待っています。




集合時間間際でお友達もママたちもすでにバスに乗り込んでいます。



「あ、リリカちゃんのパパだぁ〜〜〜」



お友達が気づいて手を振ってくれました。



あれ、パパって意外に人気者



遅れてママ到着。



バスに乗り込みます。



席に着き、パパは退散〜〜〜。



バス遠足は3人で行くことになっていたのでした(x_x;)シュン





後で聞くと、お友達のママたちはてっきり4人で参加だと思ったみたい。





ホントはその予定だったんだよ〜〜



リリカは「4人で行く〜(^∀^)」



と言ったけど、



でもお友達はパパとママ両方じゃないらしい、と聞くと



「やっぱりママだけ〜〜〜(^∀^)」






パパ、ガックシ




teruyan1228 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事 

2007年05月14日

笑うユウマ

当たり前ですが、ヒトという動物は笑います。



感情がある動物は、人間だけかもしれません…



それで、赤ちゃんはどれくらいで笑うようになるのでしょうか?




ではでは、親バカタ〜〜〜〜イム




答えは…二ヶ月で笑います!




なぜって?


もうお分かりですね。


ユウマが笑うようになったのだ〜〜〜(○゜ε^○)v ィェィ♪




一ヶ月のころは、目で追う程度だったけど


今は明らかに声に反応して、


くっきりと目が見えているみたい。





パパがあやすと


ニコ〜〜ッと笑います




そして


「あ〜」


とか


「う〜」


とか



一生懸命おしゃべりしてくれます。





朝起きたときが一番機嫌がいいみたいで、


我が家の朝はユウマが主役です。




お姉ちゃんになったリリカも、ユウマがかわいいみたいで


「かわいい〜


と言っては、キスをしたり、頬ずりをしています。




朝は忙しいですが、このおかげでほのぼのとした気持ちになることができます。






teruyan1228 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育ち 

2007年05月08日

アツイG.W.

G.W.も終わったね〜



我が家のG.W.はアツかった




まず、お天気がいい日は、もう暑いもんね!


パパはあわてて衣替え。

リリカもTシャツと夏スモッグに衣替え。

ユウマは普段から薄着だけど…



赤ちゃんって、汗っかきなんだなぁ


とりあえず、涼しい格好。





29日は、ママとリリカは幼児園のお友達たちとボーリング大会。

で、パパとユウマは男同士でお留守番。





3日は、明日に控えたバレエの発表会のため、一日、栄のでのリハーサル。

お弁当を持って、ナディアパーク前の矢場公園でみんなで食べて、ママとリリカは猛特訓へ。

で、パパとユウマは、またまた男同士で、栄散策。





4日は、いよいよバレエの発表会。

発表会は夕方17時開演なんだけど、

朝から会場入りで、この日もお弁当を2食分と、おやつを持って、ナディアパークへ。



ママもパパも準備で寝不足、すでにお疲れ気味です。



ママとリリカは、楽屋に缶詰めなのです。


バレエ団にはお年頃の女の子がいっぱいいるということで、パパは会場の外でo(゜ー゜*o)=3=3ウロウロε=ε=(o*゜ー゜)oです。



で、パパとユウマは、この日もべったりとくっついて、栄を散策です。



なぜおウチで留守番していないかってヽ(~〜~ )ノ ハテ?



なぜならユウマはママのおっぱいが大好きなんです




毎日毎日、パパと赤ちゃんでウロウロしていると、いろんな人が声をかけてくれます。




赤ちゃんって、やっぱりみんなに愛されているんだな




それと、ママがいないこの組み合わせも珍しいみたい?




とってもユウマと親密になれた3日間でした。




スリングが大活躍したけど、


やっぱり、ユウマは暑かったみたい。




パパも汗だくになったけど…




ちょっとお風邪のようです。






リリカはバレエの発表会を頑張ってくれました。



アツい演技で、とってもかわいくて、



パパのココロと目頭もアツくなりました


teruyan1228 at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事 
Recent Comments