2009年01月

2009年01月29日

いのち、そして「生きる」こと

今夜パパはお通夜に行ってきました。



リリカが通う保育園の年中組のママがガンで亡くなったのです。

パパはそのママとは時々挨拶を交わしたことはありましたが、リリカと学年も違うこともあって、特にお話をしたことがありません。
ましてパパとは初対面でした。

保育園の保護者会の会長職をいただいているので行ってきたのですが・・・


喪主であるご主人のくしゃくしゃになった顔、真っ赤に晴らした目を見ると

とても切ない気分になりました。



通夜式の最後に挨拶がありましたが、それはもう声を搾り出す感じで

かわいそうでなりません。


お子さんはまもなく5歳。



ママのことはきっと記憶に残る年頃でしょう。
ただいなくなった意味が、大人が感じるほどはっきりしないかもしれません。




命は、はかない。



人が生まれてきた以上、いつかは死ぬのは自明の理です。

でも、5歳の子を残して逝ってしまうのは、あまりにつらい天命でしょう。

さぞかし無念だと思います。


残されたパパとお子さんは、これから大変な人生が待ち受けているに違いありません。

同じ父親としてなにか力になれないか、心からそう思います。





「生きる」



あらためて生きることの大変さ、

そして、生かされていることの有り難さを

心に強く感じました。



「生きる」



生きていることってすばらしい。

その子の命の半分は、亡くなったママからもらったものです。

大切に育んでほしいと思います。





少し前に紹介された歌を思い出しました。



teruyan1228 at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 

2009年01月27日

ミニミュンヘン

昨日のお休みは、ファザーリング・ジャパンやNWCで、パパの同志でもある横井パパが企画した子ども商店街に家族で遊びに行ってきました。


横井パパは守山の商工会議所でミニミュンヘンをコンセプトに企画して、名古屋市から助成金認定をもらってイベントを開催したのです。
アピタ新守山さんも「そういうことなら是非」と快諾して場所を提供してくれたそうです。
こうして大人が子育ての環境づくりに協力して一役買ってくれることもうれしいですね。アピタさん、感謝です。


でも横井さんには、助成金事業に認定してもらうこと、参加してもらう子供たちの親御さんへの理解、協力など、大変なことが多かったように思います。お疲れ様でした。





だけどそれを吹き飛ばすかのような、子供たちの生き生きとした姿にパパもちょっと感動


子供たちは思った以上にやるもんです。





商店街を一回りして、リリカがマニキュアをしたいと言うので



「お店の人にちゃんとお願いするんだよ」


「ええ〜ッ、はずかし〜い」


「ごめんください、マニキュアお願いします、って言うんだぞ」


「じゃ、やってみる」





「いらっしゃいませ〜」


「マニキュアぬってください」


「デコレーションはお付けになりますか?」


「じゃ、お花がいいです」




ちゃんとやり取りができています。

なにより驚いたのが、お店の女の子たちは、小学生3年〜5年くらいですが、年下の子どもにもちゃ〜んと敬語で対応しています。



しっかり大人のこと見ているんですね。


感心ですw(゜o゜)w オオー!



思わずリリカは椅子の上で正座です。




ケーキ屋さんもクレープやさんも、パン屋さんもみんな頑張っています。


お店はみな繁盛して売り切れたそうです。




こうやってお商売を一から学び、人と人との係わり合いを身をもって学ぶことってとても重要ですね。

子供たちもこういう姿を見るとうれしくなります。

勉強もいいけど、お商売の楽しさもいいですね。

相手に喜ばれて感謝される喜び。

お金をもらう以上の体験じゃないでしょうか。





パパも地元の覚王山でお祭りのとき企画してみよっかナ


teruyan1228 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育ち 

2009年01月24日

お待ちかね!?冬のNWC

寒くなってきましたねぇ。


パパは冬生まれのせいか、寒さに強い方でなんともないですが

ママは「寒い〜、寒い〜」と言ってファンヒーターにへばりついています


その影響か、まもなく2歳のユウマまで

「さむいねっ、さむいねっ」

と言ってくれます。

ホンマかいな


さて冬のNWCをやりますよ〜



今回は餅つき大会です。


父子でペア組んでやりましょう。

もちろんついたお餅は柔らかあったか。

おしょうゆつけてのりで巻いて食べるもよし、甘いきなこやあんこ、さっぱりと大根おろしもよし。お楽しみはいろいろです。



NWCはこれだけでは終わりません。

料理人岡本パパのレクチャーでイチゴを使って、イチゴ大福も挑戦するぞ!そしてイチゴ飴も作るのだ




場所は寒いこの時期インドアで安心なところにしました。

八事の「よってたもーれ」という施設をお借りしました。駅から歩いて八事フランテをもう少し行ったところで、とても綺麗です。


“ヘ( ̄∇ ̄ )カモォーン♪ジョイナス



会の基本コンセプトにあるようにパパと子どもの参加ですが、

ママが休みを一緒に使いたいとなれば認めましょう(○゜ε^○)v ィェィ♪


           記

1.日時    平成21年2月8日(日)9時30分  現地集合

2.場所    八事よってたも〜れ(名古屋市天白区弥生が岡217サンコート八事内)
3.目的    .僖僂陵蠅發靴い箸海蹐鮓せ付ける
¬澆鬚ょうさん食らう
パパ友どうし仲良くなる

4.持ち物
飲み物(ビールOK)、おつまみ、エプロンあれば





では、みんな、待っとるでよぉ〜〜

teruyan1228 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NWC 

2009年01月21日

パパ友を作る場所

この前の日曜日、パパは「みんなで子育て推進 ワークショップ開催事業 成果発表会」に行ってきました。


これは愛知県が主催するイベントで今年で5年目。

平成20年度は「パパの子育て」がテーマということでパパがそのコメンテーターとして呼ばれたのです。



発表は3団体でした。

豊田市男性保育園連盟さんの「子育て戦隊パパレンジャー」

NPO法人スコップさんの「パパズライフ・プロジェクト2008」

NPO法人れんこん村のわくわくネットワークさんの「パパとわくわく!自然とあそぼ!」



みなさんとても良くできた取り組みで、おもわずパパも全部に参加したくなりました


でも、このようなワークショップは、ママにまず情報が渡り、その後パパが参加を決めてやってくる(または騙されてやってくる)のがほとんどだそう。



なかなかパパ友を作る、というキッカケは難しいものがあるんですね。


たとえ参加したとしても、その後パパ同士が連絡しあって広がるということは少ないらしく、この場かぎりのものになってしまうのがほとんど。





(-ω-;)ウーン  


パパ友って楽しいのになぁ・・・・・



パパもNWCのメンバーと楽しくやっていますが、やっぱり友達が友達を紹介する、「友達の輪」が一番いいようです。




発表会のあと、主催者の皆さん(男性の方)といろいろ話していたんだけど、「気持ちがあってもそういう場が少ないよね」となりました。


今後はこのようなご縁でつながった人たちと連携しつつ、そういう場が広がっていくことを期待して、パパ友ができる楽しさを伝えていきたいです。




次回のNWCは「餅つき」を考えています。イチゴ大福も作ろうかな







teruyan1228 at 12:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)父親力 

2009年01月14日

学び多き一日

去る10日にパパとママはあるイベントを企画し、主催しました。

パパは全体の指揮とパネルディスカッションのコーディネーターです。


テーマは「ワークライフバランス」。


午前には株式会社いろどりの横石知二さん、午後には下村満子さんをお呼びして講演をしていただきました。

お二人ともとても素敵な方でした


こういった講演会では今までは客席からお話を聞くのが常でしたが、楽屋で直接ご本人に会って話す機会が得られたことはとても貴重な体験でした。


横石先生は、社会起業家らしくパパたちの思いを汲み取ってくださり、活動に賛同してくれました。

下村先生は、とても温かい人柄で懐の大きな方で、厳しいながらも優しさ溢れる言葉をかけていただきました。




準備段階からハプニングや、障害も多く、何度も投げ出しそうになりましたが

ママとそれからあらゆる方の助けにより、開催することができました。



イベントをひとつ打つことは本当に大変です

だけど今回、自分たちを助けてくださる人や声をかけてくれる人、いっぱいいたことに改めて気がつきました。

そして最後までやりとげられたことも大きな経験となりました。



至らぬところはいっぱいあったけど

こうした学びが多かったこと、それだけで成功だと思いました。


みなさん、ありがとうございます。


感謝です<(_ _)>



teruyan1228 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2009年01月09日

パパには今言えない

子どもたちは新学期が始まりました。


ですがリリカの様子が少しおかしいのです。
保育園の先生が帰り際に「今日のお昼なんだか泣けちゃったようで…何かありましたか?」と聞いてきました。


そういえば、新年のお年玉に誠やん(パパの弟です)からもらった耳あてとマフラーを喜んで着ていったのを、「お友達から遊びに入れてくれない」といって次の日からやめてたな〜


朝ごはんを食べるときもしくしく泣くので

「どうしたの?なにか悲しいことがあったの?」と聞くのですが


「何か分からないけど泣けてくるの

と言うばかりです。



保育園への送りのときに話を色々していると、どうも仲の良いお友達から何か言われたみたいです。


前みたいに遊びたいんだけど、前のように相手してくれない。



人間関係ですナ〜



「仲間にいれない、っていうの。それはいけないってハルちゃんは怒ったんだけど〜」


「誰が言ったの?」


「・・・・」( ┰_┰) シクシク



ん〜、どうしたもんかいなぁ。


「あのね、」


「お、おお」


「今はお父さんにはいえないの…」






ええッ


ちょっとそれ何〜〜〜〜〜ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック






保育園の入口でモモ先生(主任の先生です)にそのことを引き継ぐと


「いや〜、お父さん、始まっちゃいましたね〜〜


とげらげらと爆笑されました。





子どもながらに意思を持って、人間関係を頑張っているようで
そんなリリカの様子に成長を感じつつ、

なんだか寂しいパパでした




teruyan1228 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育ち 

2009年01月07日

ロタな冬休み

明けましておめでとうございます。



今年もパパの日常を綴りながら、ママのタスクを奪うべく頑張る次第です


ユウマは12月の16日からの1週間風邪で保育園をお休みし、最後の1週間は頑張って通園しました。

ですが

あらたに保育園では胃腸風邪がはやっていたのです。


27日の土曜日保育園から帰るなり

「げ〜〜〜〜ッ」と何度もあげてしまいました。
もちろん大泣きです


かわいそうなんだけど、ホント病気のときのパパは何もしてあげられない。
さするだけ。

夜中から下痢も始まり、いよいよ胃腸風邪が本格化しました。


ノロかな〜?と思い、3日間何とかしのげば、と看ていたのですが


3日目の29日になっても改善の兆しが見られず

食べられないユウマは(┐・・┌)ゲッソリ…



一応小児科に診せましたが胃腸風邪の診断に変わりがありません。




水分補給だけを気をつけること。これが大事。





なんだかんだとしてる間に30日。


今度はリリカが嘔吐



「OH!NO!」



ユウマのウンチは白い。ということは、


「こりゃロタだな〜〜〜



兄弟でロタになって年始年末を迎えることになりました。



ロタはノロに比べ下痢が長いんです。

1週間くらいはダメです。



お正月はパパの実家にお世話になりました。


寒かったので、ず〜っと家の中でのお正月。


おばあちゃんまで3日よりロタに感染し、

ゆっくりとはとてもいえないお正月でした。




5日の保育園の始業には子どもたちは元気に登園してくれました。




結局冬休みはロタ休み。



考え方ですが、パパたちの仕事がお休みの間にダウンしていたので、

有り難いこと、そう思います



パパとママは…

気合です、倒れているヒマはありません。

あれだけ至近距離で咳やくしゃみなど飛まつ感染攻撃を浴びましたが

いたって元気です




なんにしろ年を無事越せたことに、感謝です。


teruyan1228 at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)育児 
Recent Comments