2010年08月

2010年08月30日

香りがつなぐ「そこにいてくれてありがとう」

先週の土曜日は、名古屋ドリームプラン・プレゼンテーションでした。


パパは去年感動大賞をいただいたご縁で、

コメンテーターとして呼ばれてて、

とても感動的な一日を過ごしてきました。




7名のプレゼンターの発表はどれもすばらしく、渾身の出来栄えでした





去年のパパもそうでしたが、


夢を他人に語るのは、


実は相当な覚悟をもって、自分に向き合うことを課されるのです。



それを乗り越えてきたのでしょう、皆さんの顔は晴れ晴れとしていましたよ





そして今年の感動大賞は


三森広子さん。


「ココロとカラダを笑顔に笑顔にする香りのプロジェクト〜この命をありがとう〜」




三森さんの初めてのお子さんは、重度の障害を持って生まれてきたそうです。


そしてお医者さんに言われた言葉。


「余命三日」






生命(いのち)の誕生はみんなから「おめでとう」の祝福の言葉をいただくのに、


それすらなかった…



三森さんは、何度も一緒に「死」のうと思ったそうです。




その生命は、両親の必死の介護と、

本人の強い意志によって、

2歳8ヶ月まで光り続けました。




そんな彼女を救ってくれたのは、




看護師さんが紹介してくれた、一粒のアロマの香り。






ココロが軽くなって、

毎日を大事に生きようって、

思えたそうです。




そんなアロマを広げる事業をしていくのが彼女の夢。



介護の場面で、

「そこにいてくれてありがとう」

そう感謝できる心を育んでいきます。





パパも子どもたちに「生きる」すばらしさを伝えるたくて、

「生きる喜びを学ぶ学校」を創るのが夢です。





だから、三森さんの夢はとてもすばらしくって、


応援したいです。






香りでつなぐメッセージ。


「そこにいてくれてありがとう」

















teruyan1228 at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 

2010年08月26日

インターンシップ受け入れ

昨日から3日間、パパの会社ではインターンシップの学生さんを受け入れています。


市内にある普通科の高校2年生の女の子3人です。



大学進学は考えていないそうなので、就職か専門学校に行くみたいです。



実は8月の最初に挨拶で事務所に来たとき、

パパはこんな質問をしていました。



「仕事はいつまでするつもり?」



すると3人は声をそろえて



「結婚するまでです






ま、そんなもんでしょう…か






昨日は、最初の日なのでオリエンテーリング。



「人生を幸せに生きる方法」


「しごとの意味」


をテーマに1時間半お話をしました。





3人とも、仕事に対して前向きになってくれました。


仕事はお金を稼ぐのではなく、お役に立って、ありがとうをもらうことである、ということに気づけたようです。





そして、もう一度仕事をいつまで続けるか聞いてみました。




ところが

やはり結婚するまで、とのお答え




さらに聞いてみます。


「ふーん、そうなんだ。結婚する相手はいくつぐらいなの?」



「私は25,6歳で結婚したいので、30歳くらいまでの人」



「じゃ、どれくらい、その人にお給料があるといいの?」



「う〜ん、40万か50万かな?」





ん〜〜〜〜、どう言おう






「30歳未満の男性の年収で400万円以上の人の割合って知ってる?」



「わかりませーん」


「2割もいないらしいよ」





「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




「でも仕事辞めるんだ〜?」





「いえ、やります


と3人が即答






さすが、高校生。素直です。






さてさて、最後の日にどんな変化になっているのやら…




お楽しみ様です





teruyan1228 at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2010年08月24日

熱い夢の語り場

今週の土曜日、名古屋ドリームプラン・プレゼンテーションが行われます。


場所は、昨年より倍以上大きくなってウィルあいちの大ホール

すごい広がりですね。

この大ホールがイッパイになるといいな。





昨年、パパはおかげさまで、優勝にいあたる感動大賞をいただきました。



今年は、その縁もあってかコメンテーターとして参加させていただきます。



感謝です。




なんてったって、


一番良い席で、


プレゼンテーターの息遣いが聞こえる場所で、


ただで聞けてしまいます




プレゼンターの熱い語りは、すっごい、楽しみです




さて、

みなさん、夢を語ることしてますか



結婚するときには、あんなに夢を語り合ったのに、

子どもが大きくなった今は、何にも話さなくなった、とか



子どもに対して、「夢があるか」とは聞くけれど、

自分自身がこれからの夢を語っていない、とか




そんな人にこそ、是非見てもらいたいです。





今年は小学校2年になる娘のリリカも観にいく予定です。


なんらしか「生きる」ことに通じればいいな、心の中で思っています。





チケットもっていない方


すぐにお問い合わせを〜



暑かった(いや、いまでもモーレツに暑いですね)名古屋の夏休みのフィナーレを、熱い夢語りで締めくくります。













teruyan1228 at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 

2010年08月12日

明日から盆休み

明日から盆休みです。


いまパパは必死に仕事を片づけ中。


なんとかすっきりしてお休みに入りたいものです。

お休みは13〜15日の3日間。


明日は夕方にママとリリカはピーターパンを観に行くそうです。
ママの親友のお姉さんが演出していて、どえらいええ席

ちょっとうらやましいです。




夜はおばあちゃんの家に行き、花火をしてペルセウス流星群(流れ星)を観る予定。





そして翌日からは日間賀島に行き、お仕事でお世話になっている日間賀観光ホテルさんに泊まります。


いつもすごいお料理でもてなしてくれます。


パパたち大人はそれが楽しみです





子どもたちは、海水浴。





お天気も回復するとのことで楽しみです。




楽しみといえば、リリカのこの一週間の口ぐせ。



「早く、金曜日にならないかなァ〜〜〜〜



家族で旅行が楽しみで楽しみで、待ちきれない様子です。






そんなリリカをみると、パパも思わず


「プププッ」


と笑えてしまいます





普段忙しいなか、こうしてお休みをいただけることに感謝。




気持ちの切り替えして、存分に楽しんできます。




これもワークライフバランスですね。






teruyan1228 at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2010年08月09日

ナイトZOO

パパの家からは東山動物園が見えます。


夏休みはナイトZOOといって、夜8時まで入場が出来るのですね。


リリカが行きたい、行きたいと言っています。


というのも、リリカは最近、自転車をこぐのが大流行


年長のときのクリスマスにサンタさんからもらったのですが、



少し大きいサイズであったこと(20インチ)


三輪車に乗っていなかったので「こぐ」ことになれていなかったこと(覚王山は坂ばかりで危ない)


小学校2年になってようやく自在に操れるようになったのです。



東山動物園までは2キロほど。自転車でしょっちゅう遊びに行っているのです。


遊びに行った記事がライブドアさんのサイトでアップされました。

伝説のボートに乗っています。






動物園には、人は三度行く、と言われているそうです。



はじめは、自分が子どものとき



二回目は、デート



三回目は、自分に子どもができたとき






我が家は…



何十回



teruyan1228 at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事 

2010年08月07日

イクメンのパパは忙しい

夏休みが始まっています。


リリカは小学校2年生。

夏休みにやりたいことを書き出したら…



海、日間賀島に行く。


山へ学童のみんなとキャンプ


ナゴヤ子どもシティに参加


学童で夏祭りに出店


おばあちゃんちで花火をして、流星群を見る


科学館で昆虫展を見る



それに加えて流れるプールだ、図書館で伝記を読むだ、日泰寺で盆踊りだ、




など、出るわ出るわ、良くこれだけ書き出せるもんだ





一体全体、どれだけ休みがあればいいんだぁ







リリカはさておき、実はパパも大忙しなのです。


子どもたちは夏休みといいますが、働くパパにとって

夏休みはお盆の三日間だけ。


通常通り日曜日だけ(けっこう土曜日も仕事してます)がお休みなんです。




その日曜日も


ファザーリング東海の立ち上げ(理事ですから)、


学童の夏祭り(行事の役員ですから)


学童のキャンプ(同じく)


親子センターさんのイベントで総合ファシリテーター



などなどイベント満載です





メディアの取材や問い合わせもめっちゃ多い〜〜〜〜




これも「イクメン」ブーム





イクメンブームで、パパたちの笑顔が増えればそれはそれで嬉しいです。



出来るだけリリカやユウマもイベントに一緒に連れて行って、自分のファザーリングも兼ねてやっていきます。





あ〜〜〜〜忙しい




teruyan1228 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イクメン 
Recent Comments