2011年01月

2011年01月31日

あいちワーク・ライフ・バランス フェスタ

昨日は白鳥ホールで「あいちワーク・ライフ・バランス フェスタ」が開催されました。


パパはそこに呼ばれてお話してきました〜


第1部でパパの講座「おてて絵本で遊びながら、ワーク・ライフ・バランスで学ぼう!」

第2部でわんわんと遊ぼう!ショー、
NHK教育テレビの人気番組「いないいないばあっ!」のワンワンがやってくる!




当初400名の募集に6000組の応募があり、

800名に増員して開催の運びとなりました。



やはり、ワンワン人気すごいですね



ふつうこんなに来ないですよね。



パパの友だちには「ワンワンの前座でーーーす」と笑いを誘っていました



もちろん、愛知県あいちワーク・ライフ・バランス協議会の主催ですから


県の職員さんは「いえいえ、榊原さんがメインなんですよ」


とおっしゃってはくれていますが。




そうはいっても、そんなにたくさんの人の前でワーク・ライフ・バランスのお話をさせていただけるチャンスですから、頑張ってきました。



ワーク・ライフ・バランスのポイントと

ワーク・ライフ・バランスの定義。



この2点だけお話してきました。




結構お客様にパパがいたので、力こぶ



ワーク・ライフ・バランスのポイントは


「早く帰ること」ではなく、


「帰って何をするか」なのです。




そしてワーク・ライフ・バランスの定義は


ワーク=仕事


ライフ=人生


バランス=寄せ鍋



ライフは、家庭やプライベートではなく、人生。


バランスは、やじろべえではなく寄せ鍋。




このことはファザーリング・ジャパンで学んだ受け売りなんですけどね





ワンワンを見たくて来た人ばかりだと思っていたけど


かなりの人が真剣に聞いてくれました




このイベントに夫婦二人で参加した人


ママだけで参加してきた人


ちょっとでも働き方について、パパとママの間に会話が生まれるとうれしいです。




teruyan1228 at 17:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2011年01月25日

パパをイクメンにする講座

日曜日にパパはママ向けの講座を担当しました


題して、

「パパを育てるママ講座」。


しかも連続講座



この講座、前回は昨年秋に行ったのですが、定員より応募がオーバーした人気講座なのです。


スゴイですね〜。これも昨年から続く、イクメン・ブームなんでしょうか

ママにパパ講座というのは、ここ尾張名古屋地区の特徴らしいです。




さて、講座に来てくれたママは、11か月から3歳くらいまでのお子さんを持つ方ばかり。


ひとりひとり聞いてみると…


パパたちは意外や意外、頑張っているパパたちばかりでした〜




ですが、何せ初めての子育て。

パパと考え方や価値観が違って、どうしたらよいのかという場面も多いそうです。





講座では、パパたちを取り巻く環境や時代の変化、


パパという生き物の解説、


ママに知っておいてほしいこと、


などをお話ししました。




最後にシェアをしたのですが、



「パパという生き物をを理解して、心が軽くなりました」


「肩の力が抜けました」


「毎日のパパと笑顔であいさつを心がけます」


「他のママの話を聞いて気が晴れました」



などおおむねすっきりとして帰っていただけたようです。




きっとその晩のパパとの会話が、すこ〜しだけ楽しめたのだったら、うれしいですね



teruyan1228 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イクメン 

2011年01月18日

牛すじ肉の土手丼

あらためていうことでもないんですけど、

パパのブログは「エプロンブログ」。


つまり料理に関することも書いてあるはず…



ということで、牛すじの土手丼を作ってみました。

この料理を平日に作れることは、ワークライフバランスと関係があります。



何が?と思う方。




いっぺん作ってみや〜(みなさい)




時間がすごくかかる料理なのです。

だから、時間のやりくりができないと、難しいというわけです。

ですが、調理としてはいたってシンプル。

切って煮込むだけなので、実は簡単なのです。

時間さえあれば、どんなパパでもおいしい土手丼が作れると思います。




たまたま、パパの仕事場は事務所兼自宅で


たまたま、一日内勤だったので


たまたま、ママが夕方まで仕事で外に出ているので


お昼ご飯の時間と


おやつの休憩時間を使って


業務に支障がないように仕込んでいたのです




わが家のパパ流レシピ。

牛すじ肉は、下ごしらえでまず沸騰した水でゆで、あくを取ります。

それから、お酒に砂糖をたっぷり、コトコト煮込んで柔らかくします。

下ゆでしたこんにゃくをちぎったものに、酢水に放ってあく抜きをしたごぼう、ニンジン、大根、しょうがを少々、根野菜をたっぷり入れます。

隠し味にしょうゆを入れ、お味噌はやっぱり名古屋らしく八丁味噌です。


どうでしょう、3時間はコトコト煮込んだでしょうか。
お味噌が煮詰まってきて、いい感じにとろりとしておいしそう



パパやママは、小鉢に取り寄せて、仕上げに一味をふりかけます。

本当は小口ネギも入れたかったのですが、冷蔵庫にないから、あきらめます。



冷蔵庫にあるものだけで、なんとか作ることも、共働きのパパには必須でしょう。



できあがりました

リリカやユウマはこんにゃくが大好き



そしてリリカは、パパを真似て、はじめて土手丼にして食べ始めました。




「どうかな〜



覗き込むと…




「これ、おいしい




大成功です。

子どもに喜んでもらえるこの瞬間が、至福の喜びですね




エプロンパパの日常の報告でした〜



teruyan1228 at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

2011年01月11日

結婚10周年記念

結婚10周年と聞いて皆さんは、何を考えますか



パパの世代は、あの有名なCM


そう、

スイートテンダイヤモンドでしょう




結婚10周年を記念して、ダイヤを10個あげるアレです。

そのおかげで、ひやひやしているパパも多いのではー




さて、結婚10周年をめでたく迎えたのは、パパとママではなくて


パパの会社で働いてくださっているシャインズです。




彼女はとても献身的な女性。

人一倍優しく、怒ることなどまったくありません。

ご主人にも文句や意見など言ったこともない様子。



何がすごいかって



ご主人の実家は四国だそうですが、年に1,2回はご主人なしで、お孫さんを見せに行くのだそう。





これを読んでいるママの皆さま、できますか〜〜〜〜〜


ファザーリングを大プッシュしているパパとしては、ちょっと残念に思っていることも事実あるのです。

なぜなら、そのパパは家事はおろか、育児も仕事が忙しいとの理由でママにまかせっきり。

たまにの休みも、自分の友達と一緒に、家族は名古屋に残して、富士ロックへ行ってしまうらしい…





そんなシャインズである彼女が、今朝の朝礼で思わずの大告白


「わたくしごとですが、10回目の結婚記念日を彼にお祝いをしてもらいました。


彼は、どうも内緒で子どもを母に預け、


レストランを予約しておいてくれたんです」




やるじゃん〜〜〜〜





そして彼の用意したプレゼントは、



『ウチにはお金がないから、こんなものしか上げられないけど…』



と結婚してから10年間のヒストリー・アルバム




二人でいった旅行のスナップ、


愛する子供たちの成長の写真、


デートで行ったコンサートのチケット、


家族旅行で行った先の入場券やらパンフレット


そんな思い出の品々に交じって、


手紙や、コメントがびっしり埋められていたのです。








うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


かっこええやん





このサプライズな報告に

他のシャインズから感嘆の声と、感動の涙が。





きっと幸せな家族なんだろうな。



家事や育児にまったく無頓着で、ちょっと圏外パパって思っていたけど、


誤解でした。


心からお詫び申し上げます。



いえいえ、ママを支える、サイコーのパパですね

teruyan1228 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)行事 

2011年01月07日

全力でやれることをやる

明けましておめでとうございます

昨年は本当にありがとうございました




昨年はイクメンが流行語大賞ベストテンに選ばれ、ファザーリングに注目が集まった年でした。

今年はさらにそれが注目ではなく、普通に社会に定着していけるようになるといいな〜、と思います。





さて、大晦日の日、友人であり、パートナーでもあるアクションパワーの大津たまみさん主催の「本気の忘年会」に行ってきました。

その大津たまみさんには素晴らしいメンターがいらっしゃいます。




富安徳久さん。


日本で一番ありがとうをもらう、葬儀会社の社長です。




今回の忘年会にもお越しになり、とてもいいお話をしてくださいました。




幸せな成功者になるには?というテーマでした。


単なる成功者ではなく、幸せな成功者ですよ。



興味深いですね


簡単に言うと、


相手が喜ぶとうれしい

大好きなこと

得意なこと


以上の3つを満たすことを仕事にしなさい、というのです。





そして大事なのが順番で、上からじゃないといけないそうです。


つまり、大好きや、得意だから仕事にする、のではなく相手が喜ぶから仕事にするのです。


相手が喜べば、おのずと好きになり、そして得意になっていくだそうです。





富安さんからオーラが出て、圧倒されます。

言葉に魂がこもっています


そして…


生きるとは、人のお役にたつことである

そのためには、全力で今できることを出し切る


それが大切だ、と。





感動しましたぁ。


自分自身を振り返ると、まだまだです




最後に。


尽(人)生観をもって志事をすることが、幸せの成功者への近道である


そう教えていただきました。


人に尽くすことが大切なのですね。





パパは人生観を仁(思いやる心)として、


仁生観をもって志事をしたいと思いました。










今年は、その教えどおりに


「全力でやれることをやる、出し切る」


「人を思いやる気持ちを忘れずに、仕事にとりくむ」



この二つを抱負に、頑張っていきたいと思います。





本年もどうぞよろしくお願いいたします。










teruyan1228 at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 
Recent Comments