2011年05月

2011年05月28日

瀬戸のラジオで遊んじゃいました

今週の25日ですが、瀬戸にあるFM局に行ってきました。

ラジオサンキューといって、瀬戸や尾張旭では結構車の中で聞いている方が多いそうですよ

駅前にあるパルティ瀬戸という立派な!建物の一角にスタジオがあります。




5月の水曜日は「パパのかかわり方」をテーマに、毎週ゲストを迎えお話をするというコーナーで、

最終回の今回はパパが呼ばれました




前半はパーソナリティであるちー姉さん(これがまた明るく素敵な女性です!)

と子育てにかかわるお話をしました。



普段の子どもとのかかわり方、

子育てにかかわって大変なこと、良かったこと

ファザーリング・ジャパンやなごや子連れ狼の会での活動

なぜ子育てにかかわるようになったか、そのきっかけ

これから父親としての展望



などなど




時間がいっぱいあったので、

そしてちー姉さんの絶妙なアシストにより、


たーくさんしゃべりすぎました


ママに聞いてほしくないことも、思わず暴露してしまったような気が…


もし聞いていたリスナーさん、決して口外なさらぬよう、お願いします




後半は、「ちー姉さんとあそぼ!」のコーナー。

ここでは思わず、子ども心に戻って遊んでしましました。




ちー姉さんは、サトシンさんでおなじみの「おてて絵本」普及委員会のあいち支部の支部長さん。




パパは子ども役となり、3歳の男の子の設定です。



最初は、パパとママと公園に行く話が

なぜだか宇宙に行くよという話になり、

宇宙船がタワーレコードの東京店で手に入るらしい、との情報で

東京まで空を飛んでいき、

ついには宇宙へ旅立ってしまうというストーリー。



そして3歳のてる君は名言を呟くのです。



「青くて、大きくて、まあるいボールがみえた


その中に、てる君の住んでいるうちが見えた」




オンエアが終わり、スタッフの皆様とお話をしていると、


今日のおてて絵本は(毎回ゲストとやるそうです)



「ちー姉さんが動揺しまくって面白かった」


とおおウケだったようです。





パパは高校生の時、憧れの職業はラジオのDJでした。



あー、楽しかった


teruyan1228 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イクメン 

2011年05月09日

ライフとは?

2か月ぶりのブログとなりました。

いつも読んでいただいた方、ごめんなさい。



3月11日。

東北で未曾有の地震が起こりました。

マグニチュード9.0。

多くの方が津波で亡くなり、いまも被災は続いています。




パパは、ショックでとても書くことができなくなりました。

テレビや新聞などのメディアを遠ざけ、自分の仕事に没頭することで、目をそむけようとしました。

情けない自分なのです。

このブログは、ワーク・ライフ・バランスを目指して、日々をつづっています。


ですが、「ライフ」そのものが危機となっている状況では、なにを言うこともできません。



そのライフですが、一体何なのでしょう。

自問自答すると、頭の中で被災した人々の生活がグルグルまわります。






日付は5月に変わり、地震が起きて49日が過ぎました。


そこで、パパは思い切って、被災地を訪れることにしました。





パパは、1日から5日まで、仙台の北・登米にボランティアのベースキャンプにお世話になり、

そこを起点に気仙沼を中心に活動しました。





ユウマの通う保育園の父母の皆様から、段ボール4箱も絵本をいただきまして、それを届けました。

中には新品をわざわざ買っていただいた人もいました。





仕事の仲間からは、何百枚もの折り紙をいただきました。

避難所の子どもやおばあちゃんに届けました。





吉浜人形さんより鯉のぼりをいただきました。

避難所である小泉中学校の体育館の中と、

隣接する小泉小学校のベランダに、泳がせていただきました。





大型絵本を持っていき、避難所で読んできました。

「花さき山」では、多くのおばあちゃんが「んだ、んだ」と心を一つに聞いてくださいました。

読んでいる自分が泣けてきました。





気仙沼の燃えてしまった町にある鹿折唐桑の駅に避難し、

山が押し寄せるような津波の中から、奇跡の生還をしたお母さんの話を聞きました。




そして、

前を向いて、

笑顔を見せて、

毎日を生き抜いている、


被災した子どもたち。



その強さに触れることができました。




ライフ。



生活、家庭、人生、などと訳します。




生きて、生きて、生き抜くこと。




それだけで本当に素晴らしい。





被災した人たちの少しですが、つながったこと。

パパの中でかけがえのないものとなりました。




ですが被災はまだまだ続いているのです。

「思い」は続けたいと思います。いつまでも。





teruyan1228 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生きる 
Recent Comments