2008年02月26日

子どもたちの真剣なまなざし

昨日のパパは大忙し。


朝、雪の京都を出発し、二日酔い気味のカラダをヨッコラショと新幹線で帰名。



そのままリリカのお遊戯会の会場に向かいます。

なんたって今日はリリカは一世一代の晴れ舞台。「みにくいアヒルの子」の主役です( ̄‥ ̄)=3 フン



5年保育で年中組のリリカはお遊戯会はこれで4回目。
いろんな思い出があります。

すべてがパパにとっては大切な思い出です。



リリカはとっても頑張ってくれました。
毎日おうちに帰ってきて、絵本を読んで、CDかけてパパやママに他の役を教えてくれて、練習した甲斐がありました。

ソロの場面では、おもわず目に汗をかきました



他のクラスメイトの子たちもとってもすばらしかった。

なんてったって、一生懸命


何年も見てきているから、リリカだけでなくほかの子たちの成長にも感動してしまいます。

子どもって、知らない間にこんなに成長するんだな




それから午後は絵本の老舗、メルヘンハウスで絵本の読み聞かせです。


今回は男性がする読み聞かせがテーマです。


お店には親子連れが多く訪れ、時間になったらお店の中央にある木のテーブルの周りに集まり、いよいよ始まりです。


パパは3人目。


どんな絵本を読もうかと思案していたのですが、集まったのは3歳から5歳の女の子ばかりで、聞くと、絵本を読んでくれるのはママばかりだそう。



こういうときは、パパならではのチョイスでしょう

選んだ本は「うんちっち」。

リリカも大好きな本です。


案の定、子どもたちは食い入るように乗ってきてくれました。
みんな楽しそう。笑顔がこぼれます。

パパの読み方は、子どもたちに質問したり、絵の中を説明したり、子どもたちの話に応えたり、ゆっくりです。




午前も、午後もとても満ち足りた気持ちになりました。



なんせ、子どもたちの真剣なまなざしにはこちらが((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪します。



普段の大人社会では絶対見られない、まっすぐで、真剣で、そして輝くようなまなざし。





子どもたちは、ホント、宝物です

パパは子どもたちから、いっぱい幸せをもらいました(*^^*)



teruyan1228 at 00:23│Comments(0)TrackBack(0)子育ち 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments