2009年06月23日

はじける笑顔

父の日は皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか



パパはフレンチトースト基金チャリティ企画

「大好きなパパとフレンチトーストを焼いて食べよう」

のイベントで、16組のパパと子どもたちと楽しい時間を過ごしてきました。



場所は名古屋市瑞穂区にある、カフェリズロン
今回はオーナーのご厚意で貸していただけることになりました


オーナーの森島さんも3歳の男の子を持ち、子育て支援には積極的に関わっていきたいというファザーリングなパパです。



前半は、通常のフレンチトーストを焼きます。

ミルクと卵と砂糖を混ぜ、パンをひたひたにしてからバターで焼きます。

上手に焼くには火加減がポイント。
じっくり焼きます。


あま〜いフレンチトーストが出来上がったら、チョコペンでパパへのメッセージを書きます。



みんな思い思いに書いてるぞ



そしてパパにプレゼント



パパたちは目じりが下がり、もうニコニコ
さらに甘くなったフレンチトーストを食べ、パパの子どもへの眼差しも甘くなるのでした。




後半は、クロックムッシュ(←パパだけにムッシュなのだ)。


砂糖の代わりにコンソメを使い、ハムやベーコン、チーズをはさんで焼きました。

これがビールやワインに合って、パパたちはいい気分


場がこなれて、みんな楽しそうです。




最後にフレンチトースト基金の案内と、シングルファーザー代表の西田さんよりお話をしてもらいました。



こうやって楽しいのも、パパとママ両方がいてこそ。


幸せをかみ締めながら、優しい気持ちになったみんなから、優しい寄付をいただきました。


そのお礼として、有機夏みかんを使いパパが作ったマーマレード、通称パーパレードを差し上げました。
キャンプでスペアリブに、夜の晩酌の焼酎に、ぱぱたちがより素敵なパパになるように使って欲しいです



参加してくれた皆さん、ありがとう






teruyan1228 at 17:19│Comments(0)TrackBack(0)父親力 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments