2010年12月27日

配偶者控除

さて、年末になりました。



パパの職業は税理士ですので、いま年末調整という仕事が最もピークです。



お給料をもらっている方、今月は少しだけお給料の額面が増えているのではありませんか


年末には年末調整といって、サラリーマンの確定申告が行われ、納めすぎていた税金が、還付金として給料に含めて支給されるのですね。





税金計算には、いろいろなおまけがあります。



そのなかには、「配偶者控除」というおまけがあります。


これは、今から50年ほど前から実施されていて、


簡単に言えば、専業主婦を養っている男性の税金をまけましょう、というものです。




専業主婦の方がパートに出ると、年間収入を103万円までに抑える、と聞けば皆さんもわかるでしょうか。




実はこれ、税金の世界ではここ数年、ず〜〜〜〜っと廃止にするかどうか議論されているのです



廃止に賛成なのは、共働きの女性から多く聞かれるそうです。

先日の新聞より抜粋してみます。



「専業主婦でも、働く主婦でも、家事や育児にかかる労力は一緒」


「時間に余裕のある専業主婦だけに控除があるのは、時代に合っていない」


「独身で目いっぱい税金を納めているので、専業主婦への優遇は許せない」


「共働きしているのが、ばからしい」


「不公平」



ほ〜〜〜〜





こんな意見も。


「控除内に抑えるため、年末は仕事を休まないといけない」


「配偶者控除のせいで時給が低く抑えられている」



賃金が安く抑えられているのなら、許せませんね




賛成の意見も多いです。

高齢者や、専業主婦からの意見がメインです。



「家事労働にも金銭的な評価を」


「奥さんを養っているのだから、税金の優遇は当然」


「高齢で働けないのに、これ以上税金がとられるのは苦痛」


「認知症の親の介護のため、働けない」



そりゃ介護や子育ては大変です





パパの周りでも、能力があるのに103万円の収入枠にとらわれて、パートでの働き方を選んでいる女性も多いです。




パパは、税理士ですので、こう思います。



たくさん稼いでも、全部税金がとられるわけではありません。残る方が多いです。


多少ご主人の税金は高くなっても、稼げば家庭単位での収入は増えるのです。



だからどんどん女性も働いてほしいなぁ、と思います





もし、配偶者控除が廃止されたら、けっこう働く女性が増えると思うんだけどね




そうすれば、パパに気兼ねなく、

ランチに行ったり、

服を買ったり、

エステにだって行けちゃうと思うのですが、

どうでしょう




実は、パパだって、ママにはいつも輝いていてほしいと思っているのですよー




もちろん、税金の支援策も必要です。


奥さんであるというだけで、税金控除があるのではなく


子育てや、介護している方にこそ、手厚い税金のおまけがあるといいと思います。









teruyan1228 at 15:06│Comments(0)TrackBack(0)ワークライフバランス 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments