2011年05月28日

瀬戸のラジオで遊んじゃいました

今週の25日ですが、瀬戸にあるFM局に行ってきました。

ラジオサンキューといって、瀬戸や尾張旭では結構車の中で聞いている方が多いそうですよ

駅前にあるパルティ瀬戸という立派な!建物の一角にスタジオがあります。




5月の水曜日は「パパのかかわり方」をテーマに、毎週ゲストを迎えお話をするというコーナーで、

最終回の今回はパパが呼ばれました




前半はパーソナリティであるちー姉さん(これがまた明るく素敵な女性です!)

と子育てにかかわるお話をしました。



普段の子どもとのかかわり方、

子育てにかかわって大変なこと、良かったこと

ファザーリング・ジャパンやなごや子連れ狼の会での活動

なぜ子育てにかかわるようになったか、そのきっかけ

これから父親としての展望



などなど




時間がいっぱいあったので、

そしてちー姉さんの絶妙なアシストにより、


たーくさんしゃべりすぎました


ママに聞いてほしくないことも、思わず暴露してしまったような気が…


もし聞いていたリスナーさん、決して口外なさらぬよう、お願いします




後半は、「ちー姉さんとあそぼ!」のコーナー。

ここでは思わず、子ども心に戻って遊んでしましました。




ちー姉さんは、サトシンさんでおなじみの「おてて絵本」普及委員会のあいち支部の支部長さん。




パパは子ども役となり、3歳の男の子の設定です。



最初は、パパとママと公園に行く話が

なぜだか宇宙に行くよという話になり、

宇宙船がタワーレコードの東京店で手に入るらしい、との情報で

東京まで空を飛んでいき、

ついには宇宙へ旅立ってしまうというストーリー。



そして3歳のてる君は名言を呟くのです。



「青くて、大きくて、まあるいボールがみえた


その中に、てる君の住んでいるうちが見えた」




オンエアが終わり、スタッフの皆様とお話をしていると、


今日のおてて絵本は(毎回ゲストとやるそうです)



「ちー姉さんが動揺しまくって面白かった」


とおおウケだったようです。





パパは高校生の時、憧れの職業はラジオのDJでした。



あー、楽しかった


teruyan1228 at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)イクメン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments