2012年06月06日

運動会でのリレー

先日リリカの通う小学校で運動会がありました。



パパの住む千種区は子どもが多く、(待機児童が全国で一番多いのは名古屋市ですが、その中でも千種区は2番目に多いのです)

特に、リリカの通う小学校は一学年に160~180人いるマンモス校


子どもたちと保護者が集まると、もう身動きとれないくらい、ごったがえします。




そんな中、子どもたちは競技や演舞を目いっぱい頑張ります。


やっぱり、いいね〜運動会。




リリカは今年4年生以上で組むリレーの選手に選ばれたそうで、

何日も前からかけっこの練習をしていました。



ユウマを迎えに行っても、

近くのスーパーに行っても、




「自転車のらないの?」


「うん、走っていく




前日にはマンションの前で

「パパ、速く走れるか見てて

タイムも測ってよ」


完全に頭の中はリレーモードです。




さて、運動会の最後にやってきました、4〜6年による赤白組対抗のリレー。


学校のグラウンドは小さめで、トラックも小さく、カーブは6年生あたりにはちょっとキツイです。



入場する子どもたちもやや緊張気味です。



するとママが後ろから声をかけてきました。

「まだきちんとした写真撮れていないんだから、ちゃんと撮ってきてよ


はい、わかりましたよ。はぁ〜パパの役割でしょうか・・・




と思いつつ、急いでカメラポイントへ移動。


ゴール前にあるテント(いわゆる校長先生や来賓の方がいらっしゃる)に向かいました。

実はパパは今年からPTAで会長職をいただいているので、この時ばかりは職権乱用(PTAの皆様ごめんなさい



おかげさまで、ゴール前の特等席で、リリカの走る姿を間近に見ることができ、写真におさめることもできました。



カメラを確認すると、


真剣に前を見つめて走る姿。


凛として、すがすがしく、わが娘ながら感動です〜




もちろん他の児童のみんなもイキイキとして素晴らしい表情でした。



子どもってホントすくすく育って、あっという間に大きくなってくるのですね。



しみじみと親の喜びをかみしめることができました。




在り難いですね

teruyan1228 at 16:41│Comments(0)TrackBack(0)子育ち 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments